20210620~20210704 山陰・山陽・紀伊半島放浪記 その6

遅れた分書かなければ。在庫たまってきてるし。たまる予定だし。メインカメラも1年がかりの修理から帰ってきたし。

つくづく毎日更新する人を尊敬します。はてなブログにはいろいろ機能もあるので試してはみたいのですが、書くので精一杯です。それだけブログというのは気力を使います。

 

使用カメラ

使用機材

カラー

イカIIIC フイルム:富士フイルム業務用100

モノクロ

Konica II フイルム:FomaPan100

 

6月27日

朝、散歩がてらコンビニへ行き朝食を購入。ホテルでモグモグ。今日はお楽しみ。8時過ぎホテルを出る。チェックアウトはカウンターに鍵をおいてくれればいいとのこと。2階が居住スペースになっているらしく階段の下からお礼をいう。

f:id:sinozakiminami:20211123075335j:plain

モノクロの港屋

山陽本線 4704M 尾道8:36→東尾道8:42

f:id:sinozakiminami:20211123082706j:plain

東尾道より貨物。

まず駅のちょっとしかないコインロッカーに大物の荷物を入れる。そして、時を戻そう。

社長室で辞める宣言をぶち上げた2週間前。あるアニメを知った。それは私にとってなじみのある土地、山梨県北杜市を舞台にしたアニメ「スーパーカブ」た。両親が東京で田舎という概念のない私にとって田舎のようなもの。そんな土地を舞台にしたアニメがあると知り、その日のうちに原作ライトノベルを購入し2日のうちに読んでしまった。

TVアニメ「スーパーカブ」公式サイト

そして時がたち、辞めることになり時間もできた。大きな周遊旅行に行こうと計画。「どうせ山陽も通るのであればしまなみ海道を原付を借りて回ろう。」と思いつきレンタルバイクを探し始める。

TOP - レンタルバイクモトユニ|レンタルバイクの事ならモトユニ(MOTOYUNI)

見つけて尾道の近くで駅から近いレンタルできるお店を探す。東尾道駅から歩いて10分のお店を発見。レンタルバイクの車種の中にやつがいた。スーパーカブ。同一車種の乗り物において最多生産数を誇る。その生産台数1億台以上。その頑丈さからメーカの人ですら何万km走れるかわからないと答えてしまう最強のバイク。そしてあのアニメのバイク。迷わず予約。ヘルメットもレンタル。これが旅行前の出来事である。不安要素が一つ。乗れる乗れないの以前に緊急事態宣言の発令地域の人には貸さないの文言。解除は確定路線、まさか1週間で再発令ということはあるまい。緑の狸ならやりかねないのが怖い。まぁこの段階では出なかったので大丈夫であった。

9時の開店と同時にレンタル。「お客さんカブに乗ったことはある?」「ないですねー。」ちょっと心配そう。「原付は?」「ないですねー」かなり不安そう。軽くレクチャーを受けて転んで傷ついたら修理代かかるからと注意を受けいざ出発。

走り始めて100m意外といけることに気が付く。ドロップハンドルのロードバイクも苦戦しなかったし、自転車も補助輪外してすぐ乗れたからなぁ。バランス感覚はそれなりにある自信はあった。ギアチェンジもマニュアル免許持ってるので感覚はわかる。あっさり乗りこなしてしまった。

f:id:sinozakiminami:20211123083157j:plain

カブに乗っての初写真

ただ8時間だけのレンタル。今治まで片道70km。50ccカブの最高速度は30kmどう考えてもギリギリ。撤退ラインは決めなければならない。14時までに今治に着かなければ折り返すと決めた。

f:id:sinozakiminami:20211123083523j:plain

橋へのアプローチ

橋を渡るたびに通行料の小銭を入れる。足らなくなりそう。ちょっと頭を抱え始める。

生口島でちょっとトイレ休憩。料金に関して調べると回数券があることを知る。しかも1冊で片道分になるという。購入先を見ると尾道駅でも買えたという・・・、あれ瀬戸田町観光案内所って購入所真ん前にあるじゃん。早速購入。帰りの不足分を払うために小銭は道中作っておこう。

f:id:sinozakiminami:20211123084318j:plain

瀬戸田町でトイレ休憩中

今回借りたカブは60周年記念モデルらしい。かっこいい。このブログを書いてるときにレンタルバイクで確認したところラインナップから消えていた。珍しいし売れちゃったのかな。モデルチェンジ後のカブなのでセルモータ付きで電子制御。礼子様曰く「おもしろくない」とのことだが普通乗りなら楽でいいね。趣味で乗るなら面白くないのだろうけど。

f:id:sinozakiminami:20211123084652j:plain

垂水天満宮

f:id:sinozakiminami:20211123084716j:plain

天満宮の石段

カブ楽しい。ギアチェンジで動かすので動かしてる感が半端ない。坂を登ればシフトダウン、下ればエンジンブレーキ。オートマにはない楽しい感覚。教習者のマニュアルから家のオートマ乗った時面白くなかったんだよね。楽ではあるんだけど。しまなみ海道はかなりのアップダウン。これ自転車だったら半分も行かないで断念していた。

f:id:sinozakiminami:20211123085056j:plain

橋を渡るのにアプローチとして1km近く山を登る

お昼は伯方島で塩ラーメンを。ハ・カ・タ・のしおですからね。でも急がないとタイムリミットが・・・。

f:id:sinozakiminami:20211123085247j:plain

瀬戸の島々

真昼間なのにロバート・マイルズのFableが脳内で流れてるぞ。14時過ぎやっと今治側へ。

f:id:sinozakiminami:20211123085541j:plain

ジリリリリーってとうに鳴ってるよ!

あとは帰る。結構ギリギリ。帰り大三島にてみたらしの水なる案内を発見。見ていくととに。

f:id:sinozakiminami:20211123090008j:plain

時間ないけど気になっちゃうんです。

f:id:sinozakiminami:20211123090120j:plain

時間ないけど撮っちゃうんです。

マジでやばい。

f:id:sinozakiminami:20211123090155j:plain

時間ないけどお城は気になるんです。

帰りは常にFable流れてる。バイク屋近くのガソリンスタンドで満タンに・・・って休みー。急いでバイク屋にかけこみほかにないか聞き込み。ちょっと走ったところに空いてるところがあるとのこと。急いで向かう。この段階で返却時間オーバー・・・。ガソリンを入れたところ1.7L。超燃費良い。感動もつかの間すぐに戻る。とうにベルはなってるぞ。延長料金はなしにしてくれた。優しい。

始めてカブに乗ったが面白かった。これは小型二輪取ろう。そしてキャブ式カブを買おう。こうして就職後の目標ができた。いやまず仕事を見つけなければ。

山陽本線 列車名時刻不明(というか覚えていない) 東尾道→倉敷

今日の宿は倉敷。明日は水島臨海のキハを撮るのだ。